アイドリングストップ装着 その1「エコヘルパー」

dmx962842010-01-18

後付アイドリングストップ支援装置エコヘルパーをDIY取り付け。
アイドリングストップ補助システムとして装着しました。
 
メーカ:オズコーポレーション *1
装置名:エコヘルパー  EH−02−T
取付時期:2010年1月
 
取付のためにメータカバーの取り外しにとても苦労した。
主なポイント
1.メータ廻り他 *2
必要な信号取り出し(確実に結線するためハンダ付け推奨)

2.ハンドルコラム
キー割込みハーネス取り付け(写真取り忘れ)
3.操作スイッチはこれだけ
メインスイッチも内蔵していますので、システムを使用しない場合や車検時にノーマル状態にできます。

ただ、手動スイッチの操作はほとんど通常必要ありません。
 
通常操作AT車の場合

  1. ブレーキをしっかり踏む(ブレーキから足を離すときは、安全のためサイドブレーキを併用)
  2. D→Nレンジ エンジン停止、そのまま待機
  3. ブレーキをクリック エンジン再始動
  4. N→Dレンジで発進

 
私の場合、装置がないときもNレンジ待機をしていたので、この装置の取付でさらに簡単にアイドリングストップを実行できます。
 
本当に便利になりました。もっとアイドリングストップ装置が普及するといいですね。
バッテリー上がりが心配の方もおられるでしょうが、バッテリー電圧低下警告表示も内蔵してますので、安心してください。
もちろん、通常通りキー操作でも始動できますよ。それから、つづく

*1:DIYに際しとても丁寧なサポートを受ける事ができました。

*2:どうしても外れなかったので、ホンダカーズに依頼してカバーを外した。